はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 食べ物・料理 > title - 台所でおきた、ある事件。ソーセージの運命は…?〖絵本〗10ぽんのぷりぷりソーセージ

台所でおきた、ある事件。ソーセージの運命は…?〖絵本〗10ぽんのぷりぷりソーセージ



10ぽんのぷりぷりソーセージ 表紙
10ぽんのぷりぷりソーセージ
作:ミシェル・ロビンソン 
絵:トール・フリーマン 
訳:もとしたいずみ 
出版社: ほるぷ出版


10ぽんのぷりぷりソーセージ 1

『10ぽんのぷりぷりソーセージ 』あらすじ


10本のぷりぷりソーセージがフライパンでじりじりじりと焼かれています。
ポン!と1本が弾け飛びました。
するとフライパンの中の1本が、「熱くてたまらないよ!ぼくはプチッ!と破れてポン!と爆発するのはごめんだぜ」と逃げだしました。
暑がりソーセージはシンクに飛び込んで水の中に潜ったまではよかったけど、栓を抜かれたのでグルグルと回りながら排水口に吸い込まれて消えました。

8本のぷりぷりソーセージがフライパンでじりじりじりと焼かれています。
ポン!と1本が弾け飛びました。
するとちょろげソーセージが「ギトギト油っぽいところはうんざり。プチッ!と破れてポン!と爆発するのはやなこった」と逃げだしました。
ちょろげソーセージが逃げ込んだのは、すでにピーマンが居座っているミキサーの中。
「うんうん!はるかにいい場所だ」と思ったところで近くのスイッチに気づいたときにはもう遅し。
スイッチオン!で、愚かなちょろげソーセージは一巻の終わり。

6本のぷりぷりソーセージがフライパンでじりじりじりと焼かれています。
ポン!と1本が弾け飛びました。
するとそばかすソーセージが「このまま食べられるのはまっぴらさ。プチッ!と破れてポン!と爆発するなんて絶対嫌だ」と逃げだしました。
料理本をつたって冷蔵庫の上に立ち、天井を回る扇風機に飛び乗ったそばかすソーセージは、お腹を刻まれながらぶん回されて飛んでいってしまいました。

4本のぷりぷりソーセージがフライパンでじりじりじりと焼かれています。
ポン!と1本が弾け飛びました。
するとめそめそソーセージが「仲良しのあの子があんなひどい目に遭うなんて信じられない!プチッ!と破れてポン!と爆発するのは嫌だよ~」と逃げだしました。
途中でバターに浸かってしまっためそめそソーセージは床に降り、寝ている猫のそばを過ぎ、ようやくドアまであと少し…というところで猫にかぷっとかじられて、すたこらさっさと逃げていきました。

残った2本のぷりぷりソーセージ。
フライパンの上で何やら相談しています。
「ポン!と弾けないように逃げよう。おれにいい考えがある」
すると、「プチッ!」と兄貴が叫んで、「ポン!」と弟が叫びました。
とうとうコンロの火が消えて、ひしと抱き合った2本の兄弟はこのまま逃げ切れるのでしょうか?
「わーい!ここに隠れよう!」と兄弟が浮かれて飛び込んだ先は、何やらぐにゃぐにゃしたところ。
玉ねぎの輪でフラフープを、ケチャップにまみれてダンスする2本の愚かなソーセージ…。
ホットドッグとしてお皿に乗り、あえなくお昼の一皿になってしまいました。
(そのとき庭では…そばかすソーセージとめそめそソーセージが痛々しい姿になりながらも、なんとか逃げだしていたのです。)

10ぽんのぷりぷりソーセージ 2

『10ぽんのぷりぷりソーセージ 』感想


残酷さも兼ね備えたシュールな絵本。食べ物だからそれはしょうがないかなぁ。特にミキサーに入ってしまったソーセージと、ガタガタ震えるピーマンがリアルでトラウマにならなければいいなぁと思いました。
でも、視点が面白いです!こんな日常の一コマがこんな物語になるなんて、絵本って楽しい!と思える作品です。
さて、弾けたソーセージや流されていったソーセージ逃げだしたソーセージと、美味しく食べられたソーセージ、どっちが幸せなんでしょうね?食べられた方が幸せ…と思いつつ、最後無事逃げることに成功した2本のソーセージを祝福したくなってしまうのはなぜなんでしょう。とても感情移入してしまいました(笑)

10ぽんのぷりぷりソーセージ 3

ちょっと変わった面白絵本


商品パッケージに入った10本入りのソーセージ。10本ひとつひとつに顔があり、まさに今から調理されようというところ。そのときはまだ自分たちの運命を知る由もなく…。
さあ、フライパンにソーセージが並べられました。1本ポン!と弾けたら、それを見た1本がたまらず逃げだしていきます。という訳で、2本ずつ減っていくのですが、弾けたソーセージはどこへ?それより悲惨なソーセージの行く末が恐ろしいですが、楽しく見ていきましょう!
とにかくソーセージの表情が豊かすぎて笑えます。今にも破れそうなぷりっぷりの体に短い手足が付いて、必死に逃げる様子や全身で喜びを感じる様子が可愛くて応援したくなってしまいます。
最初の見開きのページは、商品パックを手に取って「今日のお昼はこれ(ソーセージ)焼こうかな~」なんて考えているであろう、ほぼ原寸大のイラストになっているのでよりリアルさがあって面白いです。

ページ数:26ページ 
読み聞かせ時間:4分半



ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村










関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する