はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 生活 > title - どんなお部屋をご希望ですか?〖絵本〗それなら いい いえ ありますよ

どんなお部屋をご希望ですか?〖絵本〗それなら いい いえ ありますよ



それなら いい いえ ありますよ表紙
それなら いい いえ ありますよ
作・絵:澤野秋文 
出版社: 講談社


それなら いい いえ ありますよ1

『それなら いい いえ ありますよ』あらすじ


怠け者ぎんたの家は、年中散らかし放題。
ある朝、そんなぎんたの家に、ちゃまると呼ばれる野良猫がやってきました。
ちゃまるはぎんたの家に遊びに来たかと思ったけど、どうやら違うようです。
さっさと出ていったちゃまるをぎんたは追いかけることにしました。

ちゃまるは猫地蔵の前まで来ると、二本足で突然立ち上がり、「今日は短冊が多いなあ」と喋ったのです。
ちゃまるは短冊片手に、すたすたと歩いていきました。
辿り着いた先は、ゴミだらけのどぼん川。
そこで「鯉さんお探しの、きれいな池がありました」とちゃまるが言うと、鯉がぬうっと顔を出しました。
ちゃまるに新しい棲み処を聞いた鯉は、「あ~り~が~と~う~」とお礼を告げました。

次にちゃまるがおわん山に向かうと、待っていたのは熊の親子。
ここでもちゃまるは熊の親子にぴったりのほら穴を紹介しています。

次にちゃまるが向かったのはお化け屋敷。
『みんなが怖がりに来る家』をちゃまるに紹介されて、移り住んでいたお化けたちが満足そうにお礼を告げています。

「なるほどなるほど。住みたい家を書いて猫地蔵に貼れば、ちゃまるが探してくれるんだ」
ぎんたは『片付いてきれいな家』と書いた紙を、どうだとばかりに猫地蔵に貼りつけました。
ぎんたは、「もう掃除も片付けも面倒だ。もう絶対にやらないぞ!」と宣言し、あぐらをかいてちゃまるが来るのを待ちました。

それからぎんたの家はますます汚くなっていったのですが、ちゃまるは全然やってきません。
ついにちゃまるを探しに行ったぎんたは、町外れの古い蔵の前でちゃまるを見つけました。
ぎんたが声をかけようとしたとき、蔵の中から恐ろしい声が聞こえてきたのです。

「おい、ちゃまる。おれたちにもいい家教えろや。お菓子がたくさんあってよう、汚い家はねえのか?」
声の主はねずみの親分で、たくさんの子分を従えています。
ちゃまるはすました顔で、「それならいい家ありますよ」と言うと、あちこちからねずみやお化けがわっと現れて大行列になりました。
先頭に立ったちゃまるは大声で一言。
「散らかし放題ぎんたの家にご案内」

さあ、大変なことになりました!
「どうしよう!早く片付けないと、あいつらみんなやってくる!」とぎんたの顔は真っ青。
慌ててちゃまるを追い抜くと、そのまま家に飛び込んで一晩中とにかく必死に片付けました。

片付けが終わったのは、朝日が昇る頃。
疲れたぎんたはその場にごろりと寝っ転がると、そのままぐうぐう寝てしまいました。
やがて目を覚ますと、手紙が一枚。

『ここがぎんたさんにおすすめの片付いてきれいな家です。でもねずみたちが待っているのでいつでも汚くしてくださいね。ちゃまる』

ぎんたが家の中を見渡すと、確かにそこはぎんたの欲しかった家だったのです。

それなら いい いえ ありますよ2

『それなら いい いえ ありますよ』感想


主人公ぎんたはこの家に1人暮らしなの?ってところも気になるけれど、広ーいお部屋にある数々の小物が気になる!鯉さんの住む川の中に沈むガラクタも、お化け屋敷も古い蔵も、とにかく小物が気になってしょうがない。ごちゃごちゃしてるんだけど見ていて楽しいです。
時代背景が昭和初期とか?とにかくうんと昔なので、衣服も着物だし畳だし掃除機なんてあるわけないし、今よりもずっと掃除って大変だったはず。最後に片付いたすっきりしたお部屋とグリーンの畳がとっても気持ちよかった!
片付けって何かきっかけがないと私も本気でできないタイプです。ぎんたの気持ちはよくわかるし、お片付け中のぎんたの顔(笑)自分と重ねてしまい笑いました。
それと、ちゃまるは何かの使いなんでしょうか、優しいようで皮肉めいた最後の一文が上手いなぁと思いました。見張られてるようで、何か怖いです(笑)

それなら いい いえ ありますよ3

はやく家を片付けなくちゃ!!


怠け者・ぎんたは片付け下手で家は散らかし放題。それではぎんたの部屋をご覧くださいとばかりに、2ページ目にどーんと出てくるぎんたの汚部屋が最初から楽しい絵本。
登場人物は丸坊主のぎんたを初め、河童や巨大な鯉やねずみたち、お化けもろくろ首や一つ目小僧などとにかく目を引きます。それらがページに所狭しとわちゃわちゃしてる様子に見入ってしまいます。
さて、ぎんたの部屋にやってきた猫のちゃまるが何やら不動産業のような仕事をしていて、それを知ったぎんたはさらに怠けてしまいます。いっそ、綺麗な部屋に引っ越してしまえばいいのだと、ちゃまるに「片付いてきれいな家」を依頼。
ところがちゃまるにしてやられました!ぎんたの望むお部屋を、自分の手で取り戻すオチが良かったです。
ぎんたの部屋に掛けられてある天狗のお面の鼻の部分に手ぬぐいが掛けてあるのに最初から笑いました。タンスから服があふれていたり、引き出しが開きっぱなし、小物の傾きなど、ぎんたの部屋を片付けたい気持ちになってしまいました。
見開き部分にある、主要人物以外の生き物が望む家もバラエティ豊かで納得するものばかり。後ろの見開きで、依頼通りの家がみなさん手に入っていますよ。

ページ数:32ページ
読み聞かせ時間:5分半



ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村










関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する