はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > ユーモア > title - 容赦ないパクりのリレー〖絵本〗あつさのせい?

容赦ないパクりのリレー〖絵本〗あつさのせい?



あつさのせい?表紙
あつさのせい?
作・絵:スズキコージ 
出版社: 福音館書店


あつさのせい?1

『あつさのせい?』あらすじ


とっても暑い日、駅のプラットホームで帽子を取って汗をぬぐっていた馬のはいどうさん。
電車がやってきたので急いで飛び乗ると、ベンチに帽子を忘れたことに全く気付きません。

その帽子を見つけたきつねのとりうちくんが、帽子をかぶって駅のトイレの鏡で確認するとなかなか似合っています。
自分のイカす姿にあまりに見とれたとりうちくんは、トイレにカゴを忘れたことに全く気付きません。

そのカゴを拾ったブタの三吉が中を確認すると風呂の道具が入っていたので、一週間ぶりに銭湯へ行きました。
カゴの中には綺麗な着替えも入っていたのでさっそうと着替え、見違えるような自分にうっとりした三吉はシャンプーを忘れたことに全く気付きません。

そのシャンプーを見つけた牛の山口くんは、銭湯の帰りシャンプーのフタを開けて匂いを嗅いでみました。
ジャスミンのいい香りにボーっとしすぎて石につまずき転んでしまった山口くんは、大事なキャラメルがポケットから落ちたことに全く気付きません。

そのキャラメルを見つけたヤギのよし子さんが、「あらあたし好みのキャラメルだわ」とさっそく一個食べました。
あまりの美味しさによだれが出たのでハンカチを出して口を拭いたよし子さんは、ハンカチをハンドバッグに入れたつもりが落としてしまったことに全く気付きません。

そのハンカチを拾ったクマののぶこさんは、ハンカチを頭にかぶってショーウィンドウに映すと、すこぶる似合うとニヤニヤしていました。
そこへ、待ち合わせていたきつねのとりうちくんがやってきました。
「まあ、素敵な帽子!」
「なんとイカすネッカチーフじゃない!」
2人はお互いをほめ合い、仲良く手を組んで街にくり出していったところを、すれ違ったのは馬のはいどうさん。

「さっきのきつねがかぶっていた帽子は、私がどこかで失くしたのとよく似ているな。いやいや、暑さのせいでそう見えたんだ」
はいどうさんは首をかしげながら会社に戻りました。

あつさのせい?2

『あつさのせい?』感想


誰かが落としたものを拾った代わりに何かをひとつ落としていく。この展開は『どうぞのいす』を面白おかしくしたような感じでしょうか。落としたものが見事に拾った人を幸せにしてくれる。
でも、落とし物を拾って自分のものにしようなんて、いけませんよー!落とし物を身につけてイカすとかすこぶる似合うとか、いけないとわかっていながらも表現が癖のある面白さなので結果的にはやっぱり笑ってしまいます。
ただ1つ、ハンカチを頭にかぶったクマを見て、「いかすネッカチーフじゃない」というシーン、ネッカチーフという変換が何かウケるなと思ったけど、そのネッカチーフというのがよくわからなくて、うんうん、うん?ってなりました(笑)子供も「な~に?」って感じでしたがうまく説明できなくてちょっと残念でした。

あつさのせい?3

安心してください!!撮影ですよ!


ひとつの落とし物を巡るお話、うまい具合にグルグルしてて、キャラもちょっと怖いようなゆるキャラのような味のあるキャラ。たまに喋るセリフが笑わせてくれます。
教育上はよろしくない内容です。落とし物が持ち主の元に戻ればよかったのですがそうではなく、みんな罪悪感ゼロ(笑)。
最後に訪れた馬のはいどうさんの奇跡的出会い、最後のチャンスだったのに「暑さのせい」と逃してしまう人の良さ。馬のはいどうさんのように楽観的な考えはちょっとうらやましかったですね。ここでタイトル出してくるかぁーと思いました。
最終的オチは、裏表紙?!な~んだ全部仕組まれたものだったのね…と気付きます。裏表紙までちゃんと見てほしいです。本当はこんなことしちゃダメだよ!って、一応子供が読む絵本ですからね。ユーモア全開の絵本です。

ページ数:32ページ
読み聞かせ時間:4分半



ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村





こちらは思いやりのリレーです

どうぞのいす表紙
どうぞのいす
作:香山美子 
絵:柿本幸造
出版社: ひさかたチャイルド

「どうぞ」に込められた優しさと、「ありがとう」の感謝の気持ち。
うさぎさんのイスが、みんなに幸せを運びます。
詳しいあらすじと感想









関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する