はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 「おさんぽ」シリーズ > title - 絵本「おさんぽ」シリーズ

絵本「おさんぽ」シリーズ



「おさんぽ」シリーズ表紙一覧


水彩画×女の子がふんわり♡江頭路子さんのキュートな絵本


小さな女の子がてくてく歩く「おさんぽ」シリーズは『あめふりさんぽ』から始まりました。
江頭路子さんの水彩画によるイラストが雨模様にぴったりで、それでいて爽やか。にじんだ色がこんなにも美しいなんて、雨の日がこんなだったらいいのになぁ。
目に映るものに純粋に喜びを感じ満開の笑顔。雨を憂鬱だと感じてしまう私はとても新鮮な思いに駆られました。
「あめふりさんぽ ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ♪」リズムのあるオノマトペは小さい子にぴったり。また、優しくしたら優しさを返される、絵本ならではのファンタジーは子供にも安心して読み聞かせられます。

水彩画による爽やかさは、その後続く夏の『さんさんさんぽ』、冬の『ゆきみちさんぽ』、春の『はるかぜさんぽ』でも存分に私たちを癒してくれました。
登場人物はすべて幼い女の子。同一人物なのでしょうか、どうもそのように思えるのですが、小さい子らしいぷにぷにの体つきや髪を束ねたときの毛束の量なんか、もうとーってもかわいいです。

自然を楽しむ「おさんぽ」シリーズは、その季節でしか見ることのできない小さな生き物や草花などとの触れ合いを生き生きと描いています。
登場するものやイメージによって連想されるカラーがありますね。季節感たっぷりの服装を女の子がかわいらしく着こなしているのも頬がほころびます。
何だかいいことばかり書いてますが、小さい子向けの絵本だからって大人が見ないのはもったいない。どの年代の方にもお勧めしたいのです。ふんわりとした温かさと優しさを感じて、癒されてみませんか?

あめふりさんぽ ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ♪




あめふりさんぽ表紙
あめふりさんぽ
作・絵:江頭路子
出版社: 講談社

爽やかな初夏の雨。
女の子の優しい気持ちと笑顔がみんなに幸せを届けます。
詳しいあらすじと感想


さんさんさんぽ いち に さん♪




さんさんさんぽ表紙
さんさんさんぽ
作・絵:江頭路子
出版社: 講談社

おひさまがさんさんと照る、夏の一日。
お散歩に飛び出した女の子にどんな出会いがあるでしょう。
詳しいあらすじと感想


ゆきみちさんぽ さく さく さく♪




ゆきみちさんぽ表紙
ゆきみちさんぽ
作・絵:江頭路子
出版社: 講談社

雪が一面に降ったある日、元気に散歩へ出かける女の子。
お散歩で出会ったのは、どんな音?何の音?
詳しいあらすじと感想


はるかぜさんぽ てく てく てく♪




はるかぜさんぽ表紙
はるかぜさんぽ
作・絵:江頭路子
出版社: 講談社

春のそよ風が吹く一日に、おさんぽで出会ったのは?
たんぽぽ、ちょうちょう、やさしい風……
詳しいあらすじと感想


ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村


コメント


管理者にだけ表示を許可する