はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 生活 > title - おねしょには理由がある!〖絵本〗びしょびしょ ねこ

おねしょには理由がある!〖絵本〗びしょびしょ ねこ



びしょびしょ ねこ表紙
びしょびしょ ねこ
作:間所ひさこ
絵:いわむらかずお
出版社: ひさかたチャイルド


びしょびしょ ねこ1

『びしょびしょ ねこ』あらすじ


子猫のとらちゃんが土手を歩いています。
すると川の中から、イワシの缶詰がちゃぽんと跳ねて呼びました。
「ほーいほい、とらちゃんおいでよ、ごはんだよー」
「あっ、缶詰!すぐ行くよー」
とらちゃんは缶詰めがけて川に入りました。
すると、おしりの下の方がじわじわーっと冷たくなって ―
とらちゃんは目を覚ましました。

「あれえ、おしっこが出てる。おしりもお布団もびしょびしょだぁ…」

そこへお兄ちゃんがやってきて、「やーい、おしっこぼうず!」と笑います。
ぼくのせいじゃなくて、缶詰が悪いんだもん…。
でも缶詰が川の中にいるはずがない、とお兄ちゃんは言います。

それから何日か経って、とらちゃんは海岸を歩いていました。
すると波の上から顔を出したたこ焼きがぷかぷか呼びました。
「たこ焼き焼けたよ、ごはんだよー」
「まてまて、たこ焼き待ってくれー」
とらちゃんが海に入ると、またおしりの下の方がじわじわじわーっと冷えてきて ―
とらちゃんは目を覚ましました。

「やーい、おしっこぼうずがまたやったあ!」
またお兄ちゃんにからかわれて、とらちゃんはもじもじ。
お布団を干すお母さんが、いいことを教えてくれました。
この次おいしいものに呼ばれたら、おひげをぎゅーっと引っぱるといいって。
夢だったら痛みで目が覚めるから。

それからまた何日か経って、とらちゃんはプールのふちを歩いていました。
するとプールにぽっかり浮かんだたらこが呼びました。
「ほーいほい、とらちゃんごはんだよー」

(夢かな、夢じゃないかな。おひげをぎゅーっと引っぱればわかるんだ。よし、引っぱるぞ、引っぱるぞ。)

けれどもおいしそうなたらこがそこにあるのです。
(夢でも食べたい。やっぱり食べたい。まてまて、たらこー!)
とらちゃんはプールにどっぷーん!

―そして、それから どうなった?

びしょびしょ ねこ2

『びしょびしょ ねこ』感想


おもしろいですね!おねしょを克服したお話じゃないんです。
“それからどうなった?”って、またおねしょをしてしまったんでしょう!
おねしょを責めることはできないです、みんな通る道ですから。お兄ちゃんにこそからかわれはしましたが、、ゆったり構えるお母さんと、誘惑には勝てなかったという子供らしさ。おねしょに対してユーモアを交えてあたたかく見守る様子が良かったです。
この絵本を読んで良かった!息子のおねしょにも寛大になれそうな気がします。

びしょびしょ ねこ3

ほーいほい、ごはんだよー


水の中から何かが呼んでいます。缶詰、たこ焼き、たらこ…?!
そうです、全部夢なんですよ。水の中にいるはずがないし、呼ぶわけがないんです。
お兄ちゃんはとても的確に指摘してくれています。からかい様はひどいけど、このはしゃぎ方はよくある兄弟の光景ですね。
そして、お母さんからのアドバイス。人間で言えば、ほっぺをつねってみてごらん!よおし!これでもう大丈夫だ…。
でも待って、すっごく美味しそう…!とらちゃんの葛藤する表情と、葛藤のままプールに飛び込むとらちゃんがすごくかわいいです。
「ダメだよ!ダメだよ!」と絵本に呼びかけるも、次のページではやっちゃった感いっぱいのとらちゃん(笑)。その後は、ご想像にお任せします…。
終わり方もすごくユーモアがあって、笑って読める絵本でした。

ページ数:24ページ
読み聞かせ時間:3分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村












関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する