はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 友達・家族・つながり > title - 心の声に耳をかたむけて〖絵本〗プンプンぷんかちゃん

心の声に耳をかたむけて〖絵本〗プンプンぷんかちゃん



プンプンぷんかちゃん表紙
プンプンぷんかちゃん
作:薫くみこ
絵:山西ゲンイチ
出版社: ポプラ社


プンプンぷんかちゃん1

『プンプンぷんかちゃん』あらすじ


4丁目の丘の上の赤いとんがり屋根の家にぷんかちゃん一家が引っ越してきました。
本当の名前はふみかですが、プンとすぐにふくれるのでぷんかちゃんと呼ばれています。

ぷんかちゃんは朝から通学班の列を乱して上級生に怒られます。
立ち止まっては怒られ、お花を摘んでは怒られ、学校に着く頃にはくたくたのプンプンです。

ぷんかちゃんは学校の休み時間が苦手です。
お友達を誘い合うみんなの声にぶつからないよう頭をこごめ、しかめっ面で絵を描きます。

下校の時間になると、ぷんかちゃんはホッとして帰るのですが、家に近づくにつれてくくく…とおでこにしわが寄ってきます。
おいしいおやつは毎日変わるのに、お母さんの言うことはいつだって同じだからです。
「学校どうだった?」
「楽しく遊んだ?」
「誰と遊んだの?」
「お友達とは遊ばないの?」
ぷんかちゃんはプンと後ろを向いて心の中でこう言います。

だっておもしろくないんだもん。
ひとりの方が私はいいの。

お家の門の前でぺしゃんと座りこんだぷんかちゃんはため息をつきました。
そのとき同時にため息をついたのは隣の家のガブちゃんです。
「どうしたの?」
同時に聞いて、2人は同時に答えました。
「疲れちゃった」
するとガブちゃんは「やめちゃおうか?」と言うのです。
ガブちゃんは首輪を外し、ぷんかちゃんを連れて走り出しました。

着いたところは川が見える一面広い原っぱ。
2人は大きく息を吸い込んで並んで腰を下ろしました。
そこへガブちゃんの友達の鯉のこいちゃんが顔を出しました。
ガブちゃんはぷんかちゃんのことを“僕の友達”だと紹介してくれました。
ぷんかちゃんはほっぺたがふあんと温かくなりました。

ガマガエルのがまさんもやってきました。
さらにすずめちゃんたちもやってきました。
ぷんかちゃんはガブちゃんに“僕の友達”だと紹介されるたび、お腹があったかくなってほっぺたがくすぐったくなるのでした。

みんなと別れたとき、ぷんかちゃんはガブちゃんに言いました。
「いいなぁ、ガブちゃんは。いっぱいお友達がいて」
「でも、こいちゃんもがまさんもすずめちゃんたちも、もうぷんかちゃんとも友達だろ」
「私の…友達」
声に出して言った途端、ぷんかちゃんの胸がことこと音を立て、ぴょんぴょん体が弾んできました。
すると向こうに、見たことのある女の子が立っています。
「あ、岡崎さんだ」
同じクラスの後ろの席の岡崎ゆうこちゃんに、ぷんかちゃんは手を振りました。
そのとき、ゆうこちゃんとはまだ話したことがなかったことを思い出してはっとしました。
けれどゆうこちゃんはにこにこ笑って走ってきます。
ぷんかちゃんはドキドキして、ワクワクして、今日ずっとやってみたかったことをやってみよう…と思いました。

ぷんかちゃんは大きく深呼吸して思い切って言いました。
「紹介するね。私の友達、ガブちゃんです。ガブちゃん、私の友達、岡崎さん。」

プンプンぷんかちゃん2

『プンプンぷんかちゃん』感想


タイトルに興味を引かれました。なんでそんなに怒っているのかな?お母さんに怒られてかな?と思っていたけど全然違いました。恥ずかしさの裏返し?やっぱり見た目だけではその子を判断できませんね。
ぷんかちゃんは動物から心を開いていったわけだけど、最後はあぁ~もうなんてかわいいんだ~ってなりました。引っ越してきたばかりの子が、元々あるクラスに入ってすぐに仲良くなるなんて、大人でも難しい。お母さんの質問もわかりすぎるくらいわかるし、葛藤するぷんかちゃんの気持ちもわかる。気を張った状態から少しずつ開放されてだんだんと笑顔になっていくぷんかちゃんがかわいかったです。

プンプンぷんかちゃん3

新学期に読みたい絵本


最初が肝心っていうけれど、みんなとうまく馴染めずにお友達もできなくて、気がつくといつもふくれっ面になっているぷんかちゃんはまだ小学一年生。
学校ではみんなと係わらないようにひとりで過ごし、やっと帰りの時間と思ってもお母さんから毎日同じことを聞かれると思うと憂鬱なんです。ひとりだって楽しいのに…。
そこへグイッと引っぱってくれるガブちゃんに次々友達を紹介され、友達っていいもんだと気付くぷんかちゃん。笑うととってもかわいい女の子です。
恥ずかしがり屋さんのぷんかちゃんが最後自ら勇気を出したところがよかったです。その後、笑顔でお母さんに報告してる(と思われる)絵もほんわか。
これから進学進級の時期。仲の良いお友達と離れて新しいお友達の輪にとびこむ子も多いでしょう。今の時期にぴったりな、ちょっとだけ勇気をもらえる絵本、おすすめです!

ページ数:36ページ
読み聞かせ時間:8分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村











関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する