はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 季節イベント・ひな祭り > title - 幼稚園・保育園での行事と集団生活の楽しさを学ぶ〖絵本〗ぼく やってみるよ(くりのきえんのおともだち・4)

幼稚園・保育園での行事と集団生活の楽しさを学ぶ〖絵本〗ぼく やってみるよ(くりのきえんのおともだち・4)



ぼく やってみるよ表紙
ぼく やってみるよ
作:寺村輝夫
絵:いもとようこ
出版社: あかね書房


ぼく やってみるよ1

『ぼく やってみるよ』あらすじ


今日はくりのきえんのひな祭りです。
めえこ先生はみんなに「おひなさまになりたい人?」と呼びかけると、手を上げたのはみみこちゃんでした。
そこで今度は男の子のおひなさまを決めようとすると、みみこちゃんが言いました。
「もんちくんがいい。私もんちくん好きだから」
それを聞いたもんちくんは、顔を真っ赤にして「やだぁ。恥ずかしい」と逃げてしまいました。

もんちくんは「ぼく、ひな祭りが終わるまで降りないよ」と言って、栗の木から降りようとしません。
「仕方がないから他の人がなればいい」とみんなは言います。
けれどもみみこちゃんは、「私もんちくんじゃなければいや。結婚するんだもん」と言うのです。
「恥ずかしくないわよ」とめいこ先生が言っても、「ひな祭りのご馳走食べられないよ」と園長先生が言っても、もんちくんは一向に降りようとしません。
みんなは諦めて教室に入っていきました。

ところが困りました。
もんちくんはトイレに行きたくなったのです。
初めは我慢をしていたもんちくんでしたが、「もうだめだ!」と木から降りてそろっとトイレに行くと、先にくまおくんが入っていました。
そこでもんちくんは家に帰ろうと、くりのきえんを出ました。
ところがもう、したくてしたくて…、裏山に登ってやっとおしっこをしました。

そのとき、「見つけたぞぉ」という園長先生の声がしました。
もんちくんは慌てて逃げたので転んでしまいました。
するともんちくんの目の前に、一輪の花が咲いています。
園長先生が抱き起そうとしたとき、「待って」と言ってもんちくんは花を摘みました。

もんちくんが教室に帰ると、ひな壇の一段目に五人囃子と二段目に三人官女、そして一番上にはみみこちゃんが座っています。
さあ、ひな祭りの始まりです。
「ぼく、やってみるよ」
もんちくんは顔を真っ赤にしてひな壇の上に上りました。
そしてみみこちゃんに、「これ、あげるよ」と言って、摘んできた花をあげました。

ぼく やってみるよ2

『ぼく やってみるよ』感想


ひな祭りは女の子のイベントですね。わが家は男の子なのであまりひな祭りに興味を示しませんが、おひな様は女の子でもおだいり様は男の子。おだいり様役にみみこちゃんからまさかの指名&告白されたもんちくんが、真っ赤になって逃げちゃうところがかわいいなと思いました。このくらいの子が言う「好き」はどの程度のものなのか、お友達として好きって意味もあるよ?そんなに照れなくても…ってツッコミたくなりましたが、みみこちゃんの口から「結婚」という言葉が…!!みみこちゃんの「好き」を疑ってゴメン!本気だったんだねぇ。そんなみみこちゃんにお花をわたして、もんちくんも頑張りました!
幼稚園でもこんな淡いラブストーリーがあるのだとにやけてしまった私です。

ぼく やってみるよ3

主役はなんと、男の子


幼稚園くらいになると、初めて恋を経験する子もいるかもしれませんね。
3月3日は桃の節句・ひな祭り。くりのきえんではおひな様役に名乗りを上げたみみこちゃんが、もんちくんに告白をしていました。
女の子のイベント『ひな祭り』のこの巻は、大胆且つ微笑ましいストーリーとなっています。主役は嬉し恥ずかしのもんちくん(男の子)です。恥ずかしがり屋で逃げていたもんちくんが「ぼく やってみるよ」と奮起するきっかけは優しい心でした。
また、くりのきえんのひな祭りは、子どもたち自らがおひな様や三人官女、五人囃子に扮しています。そんな様子が楽しそうで、男女関係なくおすすめです!

ページ数:31ページ
読み聞かせ時間:3分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村






関連する絵本

はやく かぜ なおってね表紙
はやく かぜ なおってね
作:寺村輝夫
絵:いもとようこ
出版社: あかね書房

クリスマス前、くりのきえんにサンタさんから手紙が届きました。
手紙には、『今年のクリスマスはお休みします』と書いてあったのです…。
詳しいあらすじと感想


そらまで とんでけ表紙
そらまで とんでけ
作:寺村輝夫
絵:いもとようこ
出版社: あかね書房

こどもの日といえば鯉のぼり。くりのきえんで鯉のぼりの制作をしています。
ところが猫のみねこだけは、お友達の作る鯉のぼりにケチをつけてばかり…
詳しいあらすじと感想


ぼく もう なかないぞ表紙
ぼく もう なかないぞ
作:守屋正恵
絵:いもとようこ
出版社: あかね書房

くりのきえんに豆まきの季節がやってきました。
節分の日、泣き虫むぐらくんの涙が大きな涙オニになって…
詳しいあらすじと感想


あしたプールだがんばるぞ表紙
あしたプールだ がんばるぞ
作:寺村輝夫 
絵:いもとようこ 
出版社: あかね書房

プールが大嫌いなわんすけは明日プールと聞いて、先生に「明日は休むよ」とそっと伝えました。
ところが家に帰って水着をポ~イと投げた瞬間、目の前が海になって…。
詳しいあらすじと感想


みんなげんきで七五三 表紙
みんなげんきで七五三
作:寺村輝夫
絵:いもとようこ
出版社: あかね書房

栗拾いをしていたとき、わんすけくんのボタンが弾け飛びました。みんな大きくなったのです。
弾け飛んだボタンはみんなの両親の夢の中に入り込み、願い事をします…。
詳しいあらすじと感想








関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する