はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 季節イベント・ひな祭り > title - 女の子の幸せを願う☆ひなまつり☆〖絵本〗おばあちゃんのひなちらし

女の子の幸せを願う☆ひなまつり☆〖絵本〗おばあちゃんのひなちらし



おばあちゃんのひなちらし表紙
おばあちゃんのひなちらし
作・絵:野村たかあき
出版社: 佼成出版社


おばあちゃんのひなちらし1

『おばあちゃんのひなちらし』あらすじ


もうすぐひな祭りです。
きりちゃんが学校から帰ってくると、おばあちゃんがおひな様を出しているところでした。
今日は昔の暦で『雨水(うすい)』という日、寒さが緩んで雪が雨に変わるという意味です。
この日にひな人形を飾ると良縁に恵まれるのだとおばあちゃんが教えてくれました。
良縁とは、幸せな結婚をするということなんだと言います。

ひな祭りは、平安時代には紙で作ったお人形を川に流して、病気や良くないことを身代わりに持っていってくれるよう願いを込めたものでした。
それが江戸時代になると、立派なお人形を飾って女の子の成長と幸せを願ってお祝いする日になったのです。
きりちゃんの家にも立派なひな人形が飾られました。

いよいよ3月3日になりました。
おばあちゃん特製のひなちらし作り開始です。
女の子のお祝いだから僕が頑張ると、弟のこうたも張り切っています。
昆布を入れてご飯を炊き、具の椎茸や油揚げ、ゴボウを切って煮ておきます。
お手伝いするきりちゃんの包丁の使い方も以前と比べて上手になっていました。
未来が見通せるから縁起がいいといわれるレンコンは花の形に切ります。
ご飯が炊けたら飯台にあけて、合わせ酢を混ぜる役をきりちゃんが、酢飯を扇ぐ役はこうたが張り切ります。
酢飯に具を混ぜて、錦糸玉子、さやえんどう、レンコンを飾れば、色鮮やかなひなちらしができ上がりました。

次に、ハマグリのうしお汁を作ります。
ハマグリは2枚の殻がぴったり重なること、他の貝とは絶対に合わないことから、自分にぴったりの人に出会えますようにという願いが込められているのです。

ひし餅の色にも、緑は草、白は雪、桃色は花という春の景色の意味があると教えてくれるのはお父さん。
ひなあられも同じ色が入っていますね。
ひなちらし、ひし餅、桃の花が添えられて、おひな様も嬉しそうです。
そしてテーブルではひなちらしを囲んで、家族のみんなで「いただきまーす!」と手を合わせました。

「ひな人形は幸せな結婚式の様子なのよ」と、おばあちゃん。
「きりかは絶対お嫁にやらないぞ」と、お父さん。
「あらあら、困ったお父さん」と、お母さん。
「私はお父さんのお嫁さんになるの」と、きりちゃん。
お父さんは困った顔して喜んでいます。
「こうたはおばあちゃんをお嫁さんにして」と、おばあちゃん。
「ええっ」と、こうた…。
みんなの笑い声は、五人囃子のようでした。

おばあちゃんのひなちらし2

『おばあちゃんのひなちらし』感想


ちゃんと意味のある日にお雛様を出して、ひな祭りの日にはひなちらしとハマグリのうしお汁という型にはまったひな祭りを過ごしているのが素晴らしいです。ひな祭りの由来や縁起物の意味まで知ることができて、「ひな祭りの絵本」といったら間違いなく人におすすめできる本ですね。雛人形も七段あって、学校や施設にあるような立派なお人形です。
私が子供のころ家にあった雛人形は三人官女までしかいませんでしたが、ガラスケースに入ってオルゴールも付いていて結構気に入ってました。お雛様の前に座ってオルゴールを鳴らしながらじーっと眺めていたのを思い出します。実家のお雛様は女の子がいる姉の家庭へと渡ってしまいましたが、それを知ったときちょっと寂しかったんですよねぇ。
ところでこの絵本はひな祭りについてとっても詳しく描かれているんですが、雛人形を片付けるのが遅れると嫁に行き遅れるという情報はありませんでした(笑)。そのジンクスって、本当なんですかねぇ…。

おばあちゃんのひなちらし3

女の子の節句☆ひな祭り☆は華やかに


節分が終わるとひな祭りがやってきますね。
お雛様は一般的に立春(節分の翌日)~2月中旬に飾るのが良いとされています。
この絵本でも雛人形を飾るところからスタートしています。『雨水』という日がいつなのかが書かれていないのは毎年微妙に変化するため、ちなみに2018年は2月19日だそうです。
『おばあちゃんのひなちらし』はおばあちゃんと一緒に行事料理を作るシリーズの中の一冊ですが、ひなちらし作りだけでなく、ひな祭りに関することがたくさん描かれていて、それぞれにいろんな願いが込められているのだととても勉強になりました。絵本でこんなに知識が得られるのはありがたいですね。
おばあちゃんの作るひなちらしは、女の子の節句というだけあってとても華やかです。またテーブルを囲む家族の会話もパッと花が咲いたみたいに明るく微笑ましく、昔ながらの行事を大切にするっていいなと思いました。
巻末には料理研究家の方による「ひなちらしの作り方」も載っています。

ページ数:32ページ
読み聞かせ時間:5分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村











関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する