はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > ユーモア > title - どのトイレでしてみたい?〖絵本〗ぼくのトイレ

どのトイレでしてみたい?〖絵本〗ぼくのトイレ



ぼくのトイレ表紙
ぼくのトイレ
作・絵:鈴木のりたけ
出版社: PHP研究所


ぼくのトイレ1

『ぼくのトイレ』あらすじ


パンツを脱いでまたいだら、えいやと踏ん張りさあトイレ。
でも、ちょっと待って!たまには違うトイレでしてみたい。

例えば…ふにゃふにゃトイレ。
座る姿勢が悪い子はすってんころりん落ちちゃうぞ。

例えば…高すぎるトイレ。
早くよじ登らないと漏れちゃうぞ。

例えば…ぐるぐる回るルーレットイレ。
穴のねらいが外れたら大変だぞ。

例えば…ずらりと並んだトイレの中からアタリを探すあてっこトイレ。
早くアタリを見つけなきゃ漏れちゃうぞ。

他にもどんどん出てこい色んなトイレ。
滑り台トイレ、氷のトイレ、トランポリントイレ、早押しトイレ、モグラたたきトイレ…。

友達に似合うトイレも考えてみた。
本が大好きユキちゃんには図書館トイレ。
足が速いケンくんには50メートル走トイレ。
野球好きなコウジくんにはキャッチャートイレ。
かわいいマリちゃんにはお花トイレ。
釣りが上手なダイくんには生け簀トイレ。
ひょうきんなヒロキくんにはタライが落ちてくるトイレ。

そして、僕のとっておきはトイレットコースター!
ドアを開けると長ーいレールが……あれ?トイレがないぞ!
トイレに乗ってレールを進んでいく、とんがり頭の毛むくじゃらに僕のトイレが盗まれた!

レールの上を追っていくと、トイレの町が見えてきた。
とんがり頭の毛むくじゃらはどこ?

まだまだ追うぞ!トイレの港、サーキットイレのトイレース、トイレの森…。
早くしないととんがり頭の毛むくじゃらを見失っちゃう!

友達みんなが助けに来て、やっとのことで見つけたとんがり頭の毛むくじゃら。
トイレットペーパーを投げつけて捕獲成功!
何と、楽しそうだからトイレットコースターに乗りたくなっちゃったんだって。
それならばトイレを繋げて引っぱれば、森の仲間も友達もみんなで乗れるトイ列車になるよ。

トイレに入るとひとりぼっちだけど、トイレに行くのはみんな同じ。
誰もがみんな毎日トイレ。
みんなトイレ仲間だって考えると何だか楽しくなるね。

そのとき、トンットンットンッ!
「漏れるよ漏れる漏れちゃうよ!」
僕は家のトイレにいて、ドアの前にもぞもぞした2人がいた。
「パパ、兄ちゃん、お待たせ!」

ぼくのトイレ2

『ぼくのトイレ』感想


自由な発想のトイレがずらり。いろんなトイレが楽しいけれど、こんなトイレ嫌だな~と思うものばかりで笑えました。
やっぱり普通のトイレが一番なんですよ。普通のトイレにありがたさを感じられるトイレの絵本です(笑)
トイレは毎日必ず行く場所だから子供から大人まで楽しめると思います。とにかくどのページもトイレだらけ、ついには個室からぬけ出してトイレの町や港やサーキット場へ!もうトイレだらけ人だらけ、そしてみんなパンツは履いていません。だってトイレってそのためのものでしょ?トイレとしての機能は忘れない、そんなところも良かったです。子供たちはトイレそのものより、「ねぇお尻出してるよ(笑)」と、お尻丸出しなところに大爆笑でした。

ぼくのトイレ3

もう数えきれないくらいトイレ!


私たちの生活に必要な「トイレ」。たまには違うトイレでしてみたいですか?ここに出てくるいろんなトイレを見てください!(笑)
まず手始めに約40種類もの個性的なトイレ。そしてトイレットコースターの道をどんどん行くと、トイレだらけの町へやってきます。ここではわりと見た目は普通のトイレですが、そのトイレに群がる人々が今度は面白くなってきます。ああ、人とトイレは密接な関係にあるんだなと思わずにはいられません。その中で“このキャラクターを見つけてね”と楽しい絵探しの要素もあり、表紙裏の見返しの部分にさらに24種類のトイレ。
最初から最後までトイレづくし!な絵本です。

ページ数:32ページ
読み聞かせ時間:5分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村











関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する