はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 季節・冬 > title - 何でこんなものが落ちてるの?〖絵本〗だれのおとしもの?

何でこんなものが落ちてるの?〖絵本〗だれのおとしもの?



だれのおとしもの?表紙
だれのおとしもの?
作・絵:種村有希子
出版社: PHP研究所


だれのおとしもの?1

『だれのおとしもの?』あらすじ


雪が降った朝、まほちゃんがそりを引いて歩いています。
「落とし物、みーっけ!」
まほちゃんは“ゆり”と名前の付いた、まほちゃんと同じくらいの大きさの手袋を拾いました。
「どんな子かなぁ。足跡をたどったら、届けられるかな」
まほちゃんは足跡が向かう方へ歩いていきました。

すると、その先にはマフラーがいくつも落ちていました。
ゆりちゃんは寒がりやさんなのでしょうか。
それとも暑がりやさんなのでしょうか。
その先に落ちていたものはセーターで、それもずいぶん大きいものでした。

足跡は狭い道へと続いています。
そこにはティアラやネックレスが落ちていました。
ゆりちゃんはお姫様だったりして!

その後もまほちゃんはいろんなものを拾います。
風船やぬいぐるみ、そして空き缶や飲み終えたジュースの紙パックまで。

足跡は続き、落とし物も続きます。
りんごやバナナの落とし物を見ると、ゆりちゃんはおつかいの途中だったのでしょうか。
いつの間にか、まほちゃんは林の中へ来ていました。
シーンとした林の中で、ドサドサッと落ちる雪の音にまほちゃんの胸がドキンッとしました。
不安になったまほちゃんですが、林の間から家の近くの湖が見えた途端ほっとして、またずんずんと林をぬけていきました。

「あっ!」
広い雪野原に出ると、そこにそりを引いて歩いている女の子がいました。
でも、そりに乗っている荷物が何だか少ないような…。
まほちゃんはたくさんの荷物を乗せたそりに乗って、大急ぎで雪の丘を滑り降りました。
「ゆりちゃんですかー?」
女の子はびっくりして、「ゆりだよ!」と言いました。
まほちゃんは落とし物を届けにきたことを言うと、ゆりちゃんは気が付かなかったと恥ずかしそうに笑いました。
そして、「あのね、一緒に作ってね」と言うのです。

それはたくさんの個性が光る雪だるまたち。
「ゆりちゃん、雪だるま作りたかったのね!」
まほちゃんが拾った落し物はどれも、雪だるまの目や鼻や服だったのです。

だれのおとしもの?2

『だれのおとしもの?』感想


まず、ゆりちゃんって一度も後ろを振り返らなかったのかな?って思いました。いくら何でも落としすぎ(笑)。そりの重さにも途中で気付くだろうにと思いましたが…いいなぁ!私も前だけを見て進んでいきたいです!
真っ白い雪の中に落ちているものがカラフルで、セーターが落ちていたときには何事かと思ったけど、飲み終わったジュースの紙パックを見つけて、これは大丈夫なやつだ!と勝手に安心。次は何が落ちてるのかな?と、まほちゃんの荷物がどんどん増えていくのが楽しいです。そして最後の最後まで、この荷物をどうするつもりなのかがわからないのも良かった。最後に「ああ~!!」って思うと同時に、紙パックはごみじゃなくてアイテムの1つだったんだとびっくりしました。女の子、かわいいです!

だれのおとしもの?3

“ゆりちゃん”に早く会いたい!


雪が降った朝、まほちゃんは雪の上に落とし物を見つけます。
ちゃんと名前が書いてあって、手袋やマフラーやセーターまで?!落とし主は大丈夫なのかと、ちょっとドキドキする展開です。
寒がりやさん?暑がりやさん?1人じゃないの?お姫様なの?おつかいの途中なの?と、ゆりちゃんって一体どんな子なのかとても不思議ですが、ちゃんとゆりちゃんと出会えます。
ゆりちゃんは雪だるまを作ろうと、お家からいろんなものをそりに乗せて持ってきたんですね。女の子がかわいいアイテムで作る、芸術的センスが光る雪だるまたちが素晴らしいです。
実は、落とし物をするゆりちゃんと落とし物を拾うまほちゃんが表紙と裏で繋がっているのですが、ゆりちゃんは首から上が隠されていて、ゆりちゃんってどんな子?というワクワクが詰まっています。

ページ数:32ページ
読み聞かせ時間:3分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村











関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する