はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 生活 > title - 風邪を引いたらどうするの?〖絵本〗びょうきのブルンミ

風邪を引いたらどうするの?〖絵本〗びょうきのブルンミ



びょうきのブルンミ表紙
びょうきのブルンミ
作・絵:マレーク・ベロニカ
訳:羽仁協子
出版社: 風濤社


びょうきのブルンミ1

『びょうきのブルンミ』あらすじ


「おはよう、ブルンミ!ピクニックに行きましょう」
アンニパンニはブルンミを起こしに行きました。
ところがブルンミの様子が変です。
ブルンミは朝ごはんも食べたくないと言い、ずっとくしゃみをしています。
アンニパンニは心配になってブルンミを抱きかかえました。
するとブルンミの体はひどく熱く、アンニパンニは急いでお医者さんを呼びました。

ブルンミはひどく風邪を引いてしまったようです。
しばらくは大人しく寝ていなければいけません。
お医者さんに教えてもらったいくつかの薬と熱さましの薬を買いに、アンニパンニは薬局へ走りました。

「これを飲めば、夜までには元気になるわ」
アンニパンニは安心していました。
だって、今までもそうだったのです。

ところがどうしたことでしょう!
次の日になっても、ブルンミの熱は下がるどころか昨日よりもひどくなっているのです。
アンニパンニはお医者さんへ電話をかけました。
お医者さんに「熱さましのお風呂に入れてあげるといい」と言われ、ブルンミを水風呂に入れるアンニパンニ。
ブルンミは気持ちよくなりましたが、どうしてアンニパンニが冷たい水を入れるのかが不思議に思いました。
アンニパンニはブルンミの体をしっかりタオルで拭いて寝かせました。
ブルンミは少し楽になって、ぐっすりと眠りにつきました。

次の日、ブルンミは気持ちよく目を覚まし、アンニパンニをピクニックに誘いました。
けれどもアンニパンニは、今日も薬を飲んで寝ていないとダメだと言います。
アンニパンニはお話を読んであげたり、人形や折り紙で遊んであげました。
ベッドの上で絵を描いたり色を塗ったりして遊んだブルンミは、その日もぐっすり眠りました。

どんどん日が経って、どんどん薬も減っていきました。

ある日、ブルンミの元気な声が聞こえます。
「枕の王様はお腹がペコペコです!」
お昼ごはんを欲しがるブルンミを見て、アンニパンニは笑いました。
アンニパンニはブルンミをもう一度お医者さんのところへ連れていきました。
治ったかどうか、お医者さんに診てもらうためです。
お医者さんはブルンミを診察して、もう心配ないと言いました。

家に帰ると、アンニパンニはブルンミに最後の薬を飲ませました。
そして、「今日はよく寝て、明日の朝ピクニックに出かけましょう」と言いました。
「もうくしゃみなんてしないって約束するよ」
ブルンミは手を叩いて喜びました。

びょうきのブルンミ2

『びょうきのブルンミ』感想


病気になってぐったりしたブルンミ、お医者さんに薬をもらって一安心したアンニパンニ、これで治ると思っていたら悪化してしまい焦るアンニパンニ、ちょっと良くなって遊びたくてうずうずするブルンミに共感しながら読みました。アンニパンニの看病が素晴らしくて、ブルンミは幸せだなぁと思いながら。
「これを読むと、風邪引いちゃったときにどうすればいいかわかるよ」と子供に言うとすぐに飛びつきました。子供は子供用の薬は甘いので嫌がりませんが、お医者さんは嫌いだし大人しく寝ているのも嫌いでちょっと元気になると調子にのるところなんかブルンミにそっくり。元気になったブルンミを見て看病していたアンニパンニが笑うところが一番共感です。あの瞬間、ほっとしますよねぇ。
この絵本に飛びついた子供はブルンミ寄りで、アンニパンニのようにいろいろお世話をするのはまだまだ先のことかもしれませんが、親としては、看病する側としてもされる側としてもいいお話だったなと思いました。

びょうきのブルンミ3

しっかり治そう


アンニパンニとブルンミはとっても仲良し、いつも2人一緒です。
ある日アンニパンニがブルンミを起こしに行くと、何か様子が変…?ブルンミはひどく風邪を引いてしまったのです。
それからアンニパンニは一生懸命看病するのですが、たかが風邪、されど風邪…。ブルンミは元通り元気になるでしょうか。
この『びょうきのブルンミ』には、子供が苦手とするお医者さんが出てきます。そして嫌いだというお薬を飲むブルンミ。何より献身的なアンニパンニの看病で、ブルンミは少しずつ元気になっていきます。熱の下がらないブルンミを水風呂に入れるというのには「えぇ?!」と驚きましたが、ハンガリーでは熱さましのためにそんな習慣があるのですね。
どのお子さんでも風邪くらい引いたことがあるかと思いますが、そんなときちょっとでもこの絵本が安心材料になるかもしれません。
アンニパンニはまだ子供だけれどとてもしっかりしていて、ブルンミが元気になったからといってすぐに外に出すことはありません。看病する側としても見習うべき点がいくつもあり、感心してしまいました。

ページ数:31ページ
読み聞かせ時間:5分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村




かわいいブルンミのぬいぐるみもあるよ♪




関連する絵本

ブルンミとアンニパンニ表紙
ブルンミとアンニパンニ
作・絵:マレーク・ベロニカ
訳:羽仁協子
出版社: 風濤社

シリーズ第一作。いちご摘みに出かけたブルンミは赤い靴を見つけます。
「誰のかわからないけど履いてみよう」と靴を履いて歩いていくと…
詳しいあらすじと感想


おやすみ、アンニパンニ!表紙
おやすみ、アンニパンニ!
作・絵:マレーク・ベロニカ
訳:羽仁協子
出版社: 風濤社

いちご摘みの帰り、子猫を連れて帰ってきたブルンミとアンニパンニ。
ごはん、お風呂、お話の後はおやすみの時間。おや?子猫はどこ?
詳しいあらすじと感想


ブルンミとゆきだるま表紙
ブルンミとゆきだるま
作・絵:マレーク・ベロニカ
訳:羽仁協子
出版社: 風濤社

窓の外は一面雪!ブルンミとアンニパンニは雪だるまを作りました。
家に帰ろうとブルンミをそりに乗せますが、いつの間にかいなくなって…
詳しいあらすじと感想


おはなしよんで、アンニパンニ!表紙
おはなしよんで、アンニパンニ!
作・絵:マレーク・ベロニカ
訳:マンディ・ハシモト・レナ
出版社: 風濤社

「おはなしよんで、アンニパンニ!」「今は忙しいから後でね」
ブルンミがお願いしてもアンニパンニはとっても忙しそう。そして何だか怒っています…
詳しいあらすじと感想


ラチとらいおん表紙
ラチとらいおん 
作・絵:マレーク・ベロニカ 
訳:徳永康元
出版社: 福音館書店

「世界中で一番弱虫」の男の子、ラチ。
そんな彼のもとに、ある日小さくて赤い「らいおん」が現れた・・・
詳しいあらすじと感想


のりものにのって表紙
のりものにのって
作:マレーク・ベロニカ
絵:グルグ・ユーリア
訳:マンディ・ハシモト・レナ
出版社: 風濤社

アンディの家に遊びに行くことになったバンディ。「早く来てね」とアンディ。
飛行機で行こうかな。電車で行こうかな。でも、アンディの家はそんなに遠くなくて…
詳しいあらすじと感想









関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する