はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 季節イベント・クリスマス > title - 改造した自転車で空を舞う〖絵本〗ミセス・サンタはおおいそがし

改造した自転車で空を舞う〖絵本〗ミセス・サンタはおおいそがし



ミセス・サンタはおおいそがし表紙
ミセス・サンタはおおいそがし
作・絵:ペニー・アイブス
訳:益田宏美
出版社: 文溪堂


ミセス・サンタはおおいそがし1

『ミセス・サンタはおおいそがし』あらすじ


これは去年のクリスマスの物語。
大きな声では言えないけれど、とても大変なことがあったのです。
それは…。

クリスマス間近のある朝、目を覚ましたミセス・サンタはびっくりしました。
隣で寝ているサンタクロースの顔にも体にも真っ赤なぽつぽつがいっぱい出ていたのです。
サンタクロースは具合が悪くて起きられません。
まだプレゼントの仕上げもできていないというのに。
ミセス・サンタは楽しみに待っている子供たちのために、今年はひとりで頑張ろうと決めました。

ところが、トナカイに餌をあげに行くと、トナカイたちも赤いぽつぽつのいちご顔。
ミセス・サンタはどうしたらいいのか考えこんでしまいました。

まずはオーバーを着て外に出ました。
外には雪と一緒に子供たちからの手紙が降っていました。
ミセス・サンタは手紙を拾い集めて、全部の手紙を読みました。
そして一日中かかって、ひとりで切ったり塗ったり貼ったりしてプレゼントの仕上げをしたので、どうにか間に合いました。
けれどもトナカイたちが病気で、プレゼントを届ける手段がありません。
そこでミセス・サンタは自分の自転車を空飛ぶ自転車に作り変えようと思いつきました。
掃除機をエンジンにしようと取りつけ、ペダルと掃除機をつないで、こげばこぐほど速く飛べるようにしました。
そうしてミセス・サンタも大満足の素敵な空飛ぶ自転車が完成しました。
ミセス・サンタはカゴいっぱいにプレゼントを詰め込んで、赤い服を着て赤い帽子をかぶりました。
その姿を見れば、誰もがサンタクロースと思うはずです。

夜になると、外の雪に細い滑走路を一本作り、ミセス・サンタは力いっぱいペダルをこぎ始めます。
案内役のガチョウとニワトリは翼をバタバタ…タイヤはぐるんぐるん…掃除機のエンジンもぶるんぶるん…。
とうとう空飛ぶ自転車は空へ舞い上がりました。

小さな町に降り立ったミセス・サンタは、煙突に長いロープを巻き付けて、ゆっくりと音を立てないように下りました。
それでも赤い服はススだらけになってしまいました。
ミセス・サンタは一晩中煙突を上ったり下りたりして、最後のプレゼントを届け終えると、お家へ帰っていきました。

行きよりも長く感じた帰り道、遠くで小さなランプの光が見えました。
サンタクロースとトナカイたちが出迎えてくれていたのです。
赤いぽつぽつも消えて、みんなすっかり元気になっていました。
「お疲れさま。無事でよかった」
優しく迎えてくれたサンタクロースは、ミセス・サンタのために温かいお風呂を用意していました。
ミセス・サンタはお風呂につかり、疲れも取れていい気持ちで下の部屋に下りていくと…
今度はサンタクロースがみんなのために素敵なパーティーを用意してくれていたのです!!
みんなでメリーメリークリスマス!

ミセス・サンタはおおいそがし2

『ミセス・サンタはおおいそがし』感想


サンタクロースとトナカイは一体どんな病気にかかってしまったというのでしょう。よりによってこんな忙しい日に…。でも、私が頑張らなくっちゃ!子供たちが楽しみにしてるから!とサンタさんと同じ心持ちのミセス・サンタが優しくて頼もしい。その責任感に感心しました。女の人の方が丁寧な仕事をしそうだけど、力仕事を難なくテキパキこなしてしまい、弱音なんか吐かないミセス・サンタがかっこよかったです。
それでも、プレゼントを配り終えて帰ってきたミセス・サンタを出迎えたサンタさんはもっと大きくて、旦那さんに肩を抱かれたミセス・サンタはあんな仕事をしたとは思えないくらい弱々しいというか、甘えた表情をしています。そりゃ相当疲れたでしょう。ペダルをこいだ分、いつものサンタさんよりハードワークですよ!次の年には2人で仕事をするのかしら?サンタさんも偉大だけど、奥さんもただものではないですね。

ミセス・サンタはおおいそがし3

サンタクロースの奥さんってすごい!


顔も体も赤いぽつぽつだらけのサンタさん。サンタさんも病気になるんですね。おまけにトナカイまでそうなってしまったから大変です!プレゼントの仕上げをするのも届けるのも、奥さんひとりでやってのけます。
そりの代わりは空飛ぶ自転車を、トナカイ代わりの案内役はガチョウとニワトリ。その姿を見た子供たちはズッコケてしまうでしょう…いや、かっこいいかもしれません!シャンシャンシャンという鈴の音の代わりにブォ~ンという掃除機の音がなってるわけですから、とってもおもしろいなと思いました。
そして、大仕事の後は夫婦の時間です。すっかり治ったサンタさんがしっかりと奥さんに愛情をかけていたので、素敵な夫婦だなと思いました。女版サンタクロース、とってもユニークなクリスマス絵本です。

ページ数:25ページ
読み聞かせ時間:5分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村











関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する