はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

TOP > 季節イベント・クリスマス > title - ねずみくん、誰かさんのこと忘れたの?〖絵本〗ねずみくん、どうするどうするクリスマス

ねずみくん、誰かさんのこと忘れたの?〖絵本〗ねずみくん、どうするどうするクリスマス



ねずみくん、どうするどうするクリスマス表紙
ねずみくん、どうするどうするクリスマス
作:ドン&オードリー・ウッド
絵:ドン・ウッド
訳:いまえよしとも
出版社: BL出版


ねずみくん、どうするどうするクリスマス1

『ねずみくん、どうするどうするクリスマス』あらすじ


ねずみくんはたくさんのプレゼントをそりに乗せて家に帰ってきました。
大きなクリスマスツリーの足元にプレゼントを敷き詰めて、クリスマスの段取りはばっちりです。
このプレゼントの山は、みーんなねずみくんのもの。

“だけどねずみくん、丘の上の冷たくて暗いほら穴にいる、はらぺこおおぐまのこと忘れたの?”

はらぺこおおぐまときたら、クリスマスプレゼントには目がないのです。
ねずみくんは心配そうに、窓からほら穴の方向を見ています。
そしてプレゼントをマットで隠し、ドアに内側から板を張りつけました。
そうしないと、くまくんはどれでもいいからプレゼントを取りに来てしまうのです。
くまくんはプレゼントをサンタさんにはもらえっこないんだから。
さらにねずみくんは床に画びょうをばらまきました。

くまくんったら、いつのクリスマスだって、ひとりぼっちでほら穴にいるのです。
それで、ボタボタ…って、悲しい色の目ん玉から大粒の涙をこぼしているんだ…。

ウェーン エン エン…
ねずみくんは涙を流し始めました。

“ねずみくん、どうしようっていうんだい?”
ねずみくんはサンタクロースの格好をして、プレゼント入りの大きな袋をそりに乗せ、雪の中を出かけていきました。

“なんてまあ怖いもの知らずなんだ。世界は広いといえども、はらぺこおおぐまの冷たくて暗いほら穴に行くやつなんているわけないだろ?それもまあ、クリスマスイブなんかにさ!”

ほら穴に着いたねずみくんは、お休み中の誰かさんを起こさないように、ほら穴の外のツリーに飾りとプレゼントをセッティングし始めました。

“急ぐんだねずみくん!誰かさんがお目覚めだ…。隠れるんだねずみくん!でかい誰かさんが覗いているぞォ!”
ねずみくんは慌てて隠れました。

“おや?出ておいでねずみくん、何だか素敵なものが見えるんだ”
するとねずみくんの目の前に、大きなプレゼントがあったのです。

“きみンだよォ!お返しだよォ!クリスマスおめでと -はらぺこおおぐまより-だって!”

ねずみくんはプレゼントをそりに乗せ家まで一直線。
これでぐっすり眠れるゥ…。
めでたし めでたし。

ねずみくん、どうするどうするクリスマス2

『ねずみくん、どうするどうするクリスマス』感想


山積みのプレゼントを前に、こっちを見て驚いた表情をするねずみくん。「やぁねずみくん、クリスマスの段取りはばっちりだね」と、ねずみくんに話しかけるのは誰なのか?ねずみくんを不安にさせたり同情を誘ったり優しかったりする第三者が語り、ねずみくんは一切喋らず行動で示します。そのねずみくんの行動を見ながら理解する、ちょっと考える要素があるのが楽しい絵本でした。
ねずみくんはプレゼントを取られまいと必死だったり、かと思えば涙を流して正反対の行動をしたりと表情がコロコロ変わります。それにねずみくんが小さいから鎖や鍵や画びょうといったものが大きくて、自分も小さくなった気分になってワクワクしました。気になったのはプレゼントの中身。くまくんから一体何をもらったんだろう…。裏表紙でもいいから、開けてほしかったなぁなんて思いました。

ねずみくん、どうするどうするクリスマス3

クリスマスイブのねずみくんは大忙し


色とりどりのたくさんのプレゼント、「これぜーんぶ、ぼくのだよ!すごいでしょ?」とでも言っているかのようなねずみくんの表紙。ところが、クリスマスプレゼントには目がないはらぺこおおぐまのことを思い出したねずみくん、さあどうする?!
プレゼントを奪いにくるかもしれないし、ひとりぼっちで涙をこぼしているのかもしれない…。ねずみくん、どうするどうする?!
誰かがねずみくんに話しかけ、それに応えるように行動するねずみくんは表情も行動もコロコロ変わります。はらぺこおおぐまはねずみくんにとって恐怖の対象だったはずが、いつの間にかかけがえのない友人のように思えてきます。くまくんの姿は見られませんが、きっと優しい顔をしているんだろうなぁと想像してしまいます。
ねずみくんの勇気と優しさに返ってきた大きなプレゼント。幸せいっぱいのねずみくんの寝顔に心が温かくなりました。

ページ数:42ページ
読み聞かせ時間:4分

ランキングに参加しています。ポチッと押してもらえるとうれしいです。
いつもありがとうございます!

にほんブログ村











関連記事

コメント


管理者にだけ表示を許可する