はるさく絵本~毎日すくすく成長中~

Category時間 1/1

ずっとずーっと動いているよ〖絵本〗じかんがどんどん

じかんがどんどん作・絵:ジェームズ・ダンバー 訳:せなあいこ出版社: 評論社『じかんがどんどん』あらすじ目で見ることも、耳で聞くことも、手で触ることも、匂いを嗅ぐこともできないけれど、感じることはできて、いつもぼくらと一緒にいるもの…。世界ができる前からあった古いもので、今までずうっと続いてきたもの。そしてこれからもずうっと続いていくもの…。流れ星が流れる速さ、カタツムリのゆっくりした動き、花が育つの...

  •  0
  •  -

森の声に耳をすまして〖絵本〗わすれられたもり

わすれられたもり作・絵:ローレンス・アンホルト訳:さくまゆみこ出版社: 徳間書店『わすれられたもり』あらすじ昔々あるところに、森にすっぽり覆われた国がありました。リスならば、木の枝をつたって国中どこにでも行くことができたくらいです。大きくて広い森には、いつも子供たちの笑い声が聞こえていました。時には斧で木を切る音も響きました。木が倒れたあとには、家がどんどん建っていきました。それでも、木はまだまだた...

  •  0
  •  -

〖絵本〗クジラの跳躍 作・絵:たむらしげる

クジラの跳躍作・絵:たむらしげる出版社: メディアファクトリー 『クジラの跳躍』あらすじ―ここは 海の上の船―双眼鏡で海を眺めていた少年は、トビウオの群れが急ぐように泳いでいるのを見ています。「きっと何か、大きな魚に 追われているんだ」―そこは 緑の海原―海はガラスでできていました。海の上を歩く老人と黒猫。トビウオは止まったように宙に浮いています。水しぶきはビー玉のよう。老人は果実をもぎ取るように、トビ...

  •  0
  •  -

〖絵本〗たにのそこのきいろいやねのいえ 作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ

たにのそこのきいろいやねのいえ作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ出版社: 教育画劇 『たにのそこのきいろいやねのいえ』あらすじどんより曇ったある日、くまくんは 散歩に行きました。てくてく歩いていくと・・・ あれあれ 道がありません。くまくん 谷の底に どっすんと落っこちてしまいました。上から りんごが ころころ転がってきたので、くまくんはりんごを食べ、丸太が ごろりんと落ちてきたので、丸太で家を建...

  •  0
  •  -

〖絵本〗ちいさいおうち 作・絵:バージニア・リー・バートン 訳:石井桃子

ちいさいおうち 作・絵:バージニア・リー・バートン 訳:石井桃子出版社: 岩波書店『ちいさいおうち』あらすじ昔々、ずっと田舎の静かなところに、小さくてきれいなおうちがありました。家を建てた人は、どんなにたくさんのお金をくれるといっても、孫の孫のそのまた孫の代まで絶対に売らないぞ、という思いで、丈夫にこの家を建てたのでした。それから長い間、小さいおうちは丘の上から景色を眺めながら、幸せに暮らしてきまし...

  •  0
  •  -